1-7 履歴書はきちんと作成できて当たり前、一つのミスも許されない

 

誤字・脱字の一つでも不採用につながる

 

中高年だからこそ、うっかりミス、凡ミスでも致命傷に

 

中高年であっても、転職を何度も繰り返していなければ、履歴書を書く機会はそんなに多くないはずです。

 

しかし、慣れていない書類だからといって、きちんと書けないのはNG。

 

特に中高年の場合、履歴書レベルの書類であれば、完璧に書くことが求められており、ミスや不手際は一切許されません。

 

たとえば誤字の場合、修正液を使用しての訂正や二重取り消し線と訂正印での訂正は、日常のライトなビジネスシーンではOKかもしれませんが、転職活動ではこれらは一切認められません。

 

1文字でもおかしいのがあれば、全部書き直すのが鉄則です。

 

このように自身で間違いに気づいていればまだいい方ですが、自分の勝手な思い込みで書類を作成してしまったら、ずっと原因を根治しないまま応募し続けますので、不採用の連続になります。

 

たとえば、「○○様御中」と「様」の後に「御中」を付与するのが正しいとずっと思い込んでいる人もいました。

 

たまたま、著者のところに相談にきたのでこれが発覚したのですが、長年勘違いしているケースがありますので、送付前には第三者の眼でチェックしてもらう方法をお勧めします。

 

もう一つ、履歴書の書き方については、独特のルールがあります。

 

単に思いつくまま書いても、採用人事が求めているものと全然違っているというケースが多々あります。

 

たとえば、「本人希望記入欄」。この欄には、(特に給料・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入)と注釈があるために、ここを額面どおり受け取って、自分に何かしらの希望があるならば、自由に書いていいと勘違いしていらっしゃる方がいますが、この認識は完全に間違っています。

 

ここは応募先で働く上で絶対に譲れない必須条件を書くところで、特になければ書かないのがルールです。

 

あくまで希望だからといって、「希望給与額:月50万円以上を希望」と書いた場合、仮に応募先から月給35万円を条件提示されても働くつもりであっても、採用人事はそうは見ません。

 

50万円以上を出さないと当社では働けない、と見ます。

 

このようにポッと思いついた希望を書くと、明らかにマイナス評価につながるのです。

 

このように履歴書の書き方のルール、それも中高年に合ったものを適用して書かないと、秒殺される要因になることをきちんと認識しておいてください。

Copyright (C) M&Nコンサルティング All Rights Reserved.

Tel: 048-650-5139

 

 

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey