3-15 営業職の職務経歴書はこう書け!

 

今までの実績数字を意識して書くことが大原則

 

自身の職歴と応募先との共通点は何か?

 

 

 

 

 

 

一言で営業職と言っても、裾野は非常に広く、顧客対象が法人か個人か、営業スタイルが固定客深耕型か新規開拓型か、その商品の違いなど、それぞれに特性が違いますが、全てに共通するのは「売ってナンボ」、「数字至上主義」ということ。

 

いくら地頭がよくて知識が豊富でも、売らないと営業社員としての価値はありません。

 

それなので、採用人事にこの職務経歴書を読んでもらって、応募先企業に入社したら「確実に営業数字を叩き出せる」ことをきちんと感じてもらわなければなりません。

 

そのためには、「営業エリア」、「扱った商品」、「顧客層」、「営業スタイル」、「ノルマ数字」、「達成実績」、「表彰歴」などを適宜バランスよく盛り込んで、今までの営業活動の経歴を記述するのは必須です。

 

そして凡庸的にならないよう、応募先に合わせて表現を工夫するのが最大のポイントです。

 

下記の見本をみてください。

 

このように同業種・同職種への応募の場合、職務内容をいちいち詳細に説明しなくても、業界用語や専門用語などは応募先にきちんと通じるためシンプルに書いておき、その分、誇るべき実績を定量的な表現で盛り込むようにします。

 

もう一つ、現在まで3社の勤務経験ですから転職回数もそう多くなく、また直近の営業課長の経験が所長候補へのPRにつながることから、「逆年代順形式」を採用して書くのは、この世代ならではの有効な書き方と言えます。

 

一方で同じ営業職応募でも扱う商品が違う場合は、その商品の特性やその営業方法を細かく説明するよりも、たとえばこの人が自動車営業職に応募するのであれば、「高額商品」という共通点や「個人向け営業」という共通点を、「貴社で活かせるスキル・経験」や「自己PR」で訴求して焦点がボケないようにします。

 

なお、繰り返しになりますが、実績数字を表すことは最重要です。

 

しかし、ここでそれがチームで獲得したものなのか、自分一人で上げたものなのか、混同しないように書かないといけません。

 

通常は職務経歴書に書かれている実績数字は個人のものとして見ていますが、この世代でありがちなのが、チーム成績をさも自分一人の実績のように書いてしまうケース。

 

ちゃんとチーム単位でのものであることをわかるようにしておかないと、誤解されてしまい、大きなマイナス評価になる場合がありますので、注意してください。

 

 

<応募者プロフィール>

45歳男性。大学卒業から約22年間、3社にて主に新築住宅営業に従事してきた。今回は、同じく新築住宅営業職(所長候補)への応募。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがポイント!

 

①「職務要約」

・22年と職歴が長いために、「一気通貫記述法」を用いて、コンパクトにまとめます。

 

②「職務詳細」

・配属先が転々としている場合は、「埼玉支社 熊谷営業所→所沢営業所→浦和営業所」とまとめて表記する方法も一手です。

・各勤務先の転職希望理由や退職理由を入れて、先回りして説明しておくと、採用人事の懸念を事前に払しょくできます。

 

③「貴社で活かせるスキル・経験」

・「個性を引き出し、モチベーションを向上させる、部下の人財育成ノウハウ」とマネジメントスキルをきちんと盛り込んでおくことで、所長候補職へのベクトルを合わせておくことができます。

 

④「自己PR」

・新築住宅営業に役立つ「目標必達に対する強い執着心」、「傾聴技法を軸にしたコミュニケーション力」、「信頼関係構築力」と3つタイトル出しして、その詳細説明を入れることで、そのPRが確かであり、当社に入社しても、安定して確実に成果を上げてくれることを確信させてくれます。

・このように職務詳細が2ページを少し超えてしまった場合は、自己PR等でボリュームを確保するなど全体のバランスを調整します。

 

 

 

営業職の職務経歴書のサンプル(ワードファイル)が欲しい方は

←をクリック!

 営業職の職務経歴書サンプル

45歳男性。大学卒業から約22年間、3社にて主に新築住宅営業に従事してきた。今回は、同じく新築住宅営業職(所長候補)への応募。

Copyright (C) M&Nコンサルティング All Rights Reserved.

Tel: 048-650-5139

 

 

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey